キャッシングでお金を借りるガイド

キャッシングでお金を借りるには

キャッシングでお金を借りるために知っておくべきポイントを解説していこう。このページをよんでくれればキャッシングでお金借りるための基礎知識がわかるはず。安心安全にキャッシングやカードローンを賢く利用してください。

 

 

どのキャッシングを利用するのがおすすめ?

まよったらこれを選べばいいというサービスはプロミスでしょう。

 

・初めての人には30日間の無利息期間
・即日融資対応
・キャッシングの中では低金利
・女性オペレーターによる相談窓口

 

こういったサービスがあるんです。総合的に見て一番充実したサービスなのがプロミスといっていいでしょう。どこで借りればいいのか迷ってしまったらプロミスを選ぶのもいいかもしれません。

 

キャッシングのお金の借り方のいろいろ

おススメのサービスはお金の借り方によって変わってくるんだ。これはキャッシングビギナーはあまり知らないことだろう。では、どんな借り方があるのでしょうか?

 

誰にもばれないでお金を借りる

だれでもお金を借りていることを内緒にしていたほうが気分が楽ですよね。特に家族や職場にはお金借りていることをを知られたくないと思っている人は多いでしょう。

  • 嫁や親には、絶対にばれたくない。
  • 会社には絶対に借金がばれてはまずい。

そう考えている人が、キャッシングするのにおすすめなサービスがあるんです。それは、SMBCモビット。
SMBCモビットは、契約時に必要とされている電話での本人確認をなしにするWEB完結申込という申込方法があるんです。WEB完結申込は電話連絡なしのほかにもカードや契約書の送付もない郵送物なしでの契約が可能になっています。

 

  • 電話連絡なし
  • 郵送物なし

 

で借金がばれるリスクを少しでも低くしたいならSMBCモビットのWEB完結申込が1番のおすすめといえます。

 

当日の申込で即日キャッシングする

急にお金が必要になってその日中にお金を借りたいという人もいるかもしれません。キャッシングで即日融資をしたいのなら、プロミスが一番のおすすめです。

 

プロミスには瞬フリというサービスがあります。この瞬フリは24時間365日といっていいくらいいつでもお金の借入ができるサービスなんです。
実は、アコムやアイフルやSMBCモビットなどの主要サービスは即日融資に対応をはしているものの銀行業務が終わる15:00までの借入を行わないと即日融資ができないなどの制限があるのが一般的なんです。

 

15:00までの借入ということは、申込を午前中にして審査や契約を行って借り入れを行うのが銀行が閉まる前の14:30くらいまでには借り入れをしないといけないということなんです。
実質、即日融資でキャッシングでお金を借りれるのは午前中に申込をするなどの努力が必要になってきます。

 

そういったことを考えずにいつでも銀行口座への振込融資で対応をしてくれるプロモスの瞬フリを利用すれば、たとえ夜の申込であってもその日中にお金を借りることができるようになります。もし、即日融資をしたいと思ったならプロミスの瞬フリというサービスを思い出してください。

 

30日間無利息を利用する

今や30日間無利息サービスは、大手キャッシングサービスの基本サービスといっていいものとなっています。ですから、プロミス・アイフル・アコムを利用すれば無利息期間が付いていきます。

 

唯一の条件は、初めてサービスを利用する人ということでしょう。過去にプロミスを使ったことのある人が、新たに契約をしてキャッシングしても無利息期間は付かないということです。この点だけ注意をしましょう。

 

30日間の無利息を最大限に利用して金利0円のキャッシングライフを楽しんでください。

 

女性専用のキャッシング

キャッシングは男性がするものと思われてきましたが、最近では女性もキャッシングを多く利用するようになりました。

 

ですが、女性が無人契約機でよる一人で契約を行うのはきっと怖いでしょう。それにお金を借りるので防犯上も女性は気になるのではないでしょうか?そんな不安を解消するためのプロミスやアイフルでは女性専用のキャッシングサービスを提供しています。

 

例えば、女性専用のキャッシングサービスでは、女性オペレーターが対応をするので借入金額や返済のことなどキャッシングを利用する上での不安や疑問の相談をしやすいというメリットがあります。

 

アイフルのSULALIという女性専用のキャッシングサービスでは、借り入れ上限金額を10万円に設定するなど女性がお金を借りすぎることのないように配慮がされています。SULALIの場合は、キャッシング用のカードのデザインも女性向けになっています。通常のキャッシング用のカードは金色だったり黒だったり男性的で、女性の財布には似合わないデザインが多いのが現状です。ですが。アイフルのスラリの借入れ用カードは一目見ただけではキャッシング用のカードと話わからない女性的なカラフルなデザインになっています。

 

 

キャッシングでは、いくらまでお金を借りることができる?

プロミス・アイフル・アコム・SMBCモビットなどを見てみると貸出上限金額は500万円〜800万円程度になっているのが一般的です。では、500万円や800万円という金額を借りれるのかということですね。

 

実際には借りられないんです。審査で800万円を貸しても問題ないと判断されれば全額借りることはができます。ですが、総量規制という法律の壁があるので実際に800万円を借りることはできないのです。

 

総量規制というのは、消費者金融の各社は年収の3分の1までの金額しかお金を貸してはいけません。という規制です。これは法律なので破れば貸した側に罰則があります。消費者金融は、金融庁に登録をしてお金を貸す業務を行っていますので、年収の3分の1以上のお金を貸すことで法律を破り、業務ができなくなる可能性もあるのです。

 

いわゆる、業務停止命令です。悪質な営業を行っていることがわかれば営業ができなくなる可能性もあるのです。

 

ですから、キャッシングの上限が500万円〜800万円だったとしても、実際にお金を貸し出せるのは年収の3分の1までの金額となるのです。

 

40歳台の平均年収は500万円台といわれています。仮に年収が600万円だった場合には、キャッシングで借入できる金額は、200万円までとなります。
年収が300万円の場合には、100万円。年収が120万円のアルバイトの人なら、40万円が限度額隣のです。

 

もちろん、年収が2400万円あれば、800万円まで借り入れができるという計算になります。

 

キャッシングの金利・利息について

キャッシングでお金を借りると金利が高いというイメージがあるだろう。キャッシングは手軽に誰でも利用ができる分、銀行やゆうちょ銀行、国の機関などからお金を借りるよりも金利は高くなっている。

 

消費者金融のキャッシングをはじめ、銀行やゆうちょ銀行、国の機関などからお金を借りた場合にどれくらいの金利の違いがあるのかを大釜に説明しておこう。

 

  • 銀行 1%〜7%程度 担保ありの場合
  • 銀行 7%〜14%程度 担保なしのカードローン
  • ゆうちょ銀行 1%〜3%程度 担保ありの場合
  • キャッシング  3%〜18% 担保なし

 

このような金利の違いがある。金利が安いほうがいいに決まってはいるが、金利が低い場合には担保が必要だったり、保証人が必要な場合が多い。審査も数日から1週間程度かかるのは当然と考えておこう。もちろん、審査も厳しいので職場や勤続年数・貯蓄などの審査の対象になってくる。

 

銀行のカードローンは、無担保で保証人も必要ないが、キャッシングよりも審査が厳しいといわれている。そのためキャッシングよりも金利が低いことが多い。会社に勤めていて収入があってお金が必要な場合には銀行のカードローンを利用するのもいいだろう。

 

一番お金を借りやすいのはキャッシングといえる。無担保で保証人も要らない。50万円以下の場合身分証明書の提示だけで契約ができる場合もある。アルバイトでもパートでも少額でも毎月の収入がある人ならほとんどの場合借り入れができるのが魅力といえるだろう。審査も速く申込から最短30分で審査結果がわかるし、申込からお金を借り入れるまで1巻のスピードサービスを売りにしているキャッシングもある。(プロミス・アイフル・アコム)

 

キャッシングの申込方法について

申込方法について説明をしていこう。キャッシングは様々な申込方法が用意されている。

  • 店舗申込
  • 無人契約機での申し込み
  • 電話申込
  • ネット申し込み

これがキャッシングの申込方法になる。今利用者が最も多いのはネット申し込みといっていいだろう。スマホやパソコンさえあれば時間や場所を選ばずに手軽に申込めるので人気の申込方法となっている。

 

申込方法は、わかったと思うが申し込みの流れはどうなっているのか?気になるところだろう。キャッシングの申込方法を説明していこう。自動契約機でも電話でもネット申し込みでも流れは一緒なので基本の申込の流れを覚えておけば問題はない。では早速解説していこう。

 

申込の条件について

 

20歳以上、定期的な収入がある人が申し込みをできる。アルバイトやパートでも収入があれば、審査申し込みはできる。

キャッシングに申込む

 

ネット申し込みを利用するのがいいだろう。もちろん自動契約機で申込をしてもいい。申込から借り入れまでの時間が短いのはWEB申し込みといっていい。

審査を受ける

 

申込をしたら審査を受けよう。審査を受けるので申し込みの際の情報は正確に入力をしてほしい。間違ったりウソの申告をすると審査に時間がかかったり、審査に落ちることもあるので注意しよう。審査は最短で、30分で結果がわかる。最近の審査は早いんだ。

書類の提出

 

審査に通過したら身分証明書や収入証明書の提出を行う。50万円以下の借入の場合には、収入証明書の提出が不要の場合が多いんだ。身分証明書は、必ず提出をするので写真入りの運転免許証かパスポートを準備するといい。

契約をする

 

金利や借入額が記載された契約書にサインや同意したことを確認する。印鑑は必要のないことが多い。サインや同意の確認で終わることが多いんだ。

借入をする

 

契約が終われば借入れができる。

  • キャッシング用のカードで借りる
  • 指定の銀行口座に振り込んでもらう

この2つのどちら可能方法で借り入れることになる。WEB申し込みの場合は、口座振り込みと考えておこう。

返済をする

 

借入をしたら、毎月の決まった日に返済を行う。口座振替で返済を行うこともできるんだ。もちろん、ATMでの返済もできる。返済のしやすい方法を選ぶといいだろう。

 

 

お金を借りるときの返済方法について

返済について説明をしていこう。返済は借りたお金に対して行っていく。
契約をしたときには、限度額50万円などのいくらまで借りられるかが決められる。借りる権利をもらっている状態でお金を借りてはないいんだ。

 

契約をしてキャッシング用のカードを持っているだけであれば返済の必要はないし利息も付くことはない。50万円をいつでも引き出せるカードを持っているだけになる。

 

利息が発生するのは、ATMや銀行振り込みでお金を借りた場合になる。1万円でも借り入れを行えば翌月には返済をしなければならない。毎月定額で返済をしていくので、1万円を借りただけなら、翌月に10150円を返済すれば完済するはずだ。

 

10万円を借りると翌月に全額返すのはむつかしいので分割して返済を行っていく。10万円を借り入れた場合の1か月の利息は1500円ほどになる。毎月1万円と利息の1500円を返済していけば、10か月で完済することになるだろう。

 

返済期間を延ばせば、返済額は元雄小さくなっていく。どのように返済をしていくかは、自分の借り入れた金額と収入のバランスを考えるようにしよう。もし相談したいと思っているなら、フリーダイヤルで相談窓口に電話をしてみるといいだろう。

 

借入したお金の返済の方法について

キャッシングで借りたお金の返済方法は、
・サービス専用ATMでの返済
・提携ATMでの返済
・口座振替
・ネット銀行からの返済
こういった方法がある。一番おすすめなのは、ネットバンクからの返済だろう。わざわざATMまで行く必要がないから便利なんだ。プロミスの看板のある自動ドアをくぐりたい人はあまりいないだろう。誰かにばれたらと思うと専用のATMは避けたいところだろう。

 

提携銀行のATMは便利ではあるが、ATMまで行かなければ返済ができない。会社の帰りや忙しい時期が重なったりすると返済のことを考えながら仕事をしたり、会社が終わったらすぐにATMへ急行するなどの大変さがあったりもする。

 

その点、ネットバンクからの返済は簡単でおすすめといえる。プロミス・アイフル・アコム・モビットなどの大手のキャッシングサービスはネット管理画面を提供をしているのでログインさえできればネットバンクを通していつでも返済ができるようになっている。深夜や土日祝日でも問題なく返済ができるので大変便利なんだ。

 

2社からお金を借りることはできるのか?

お金を借りているけどそのほかの消費者金融でお金を借りたいと考えている人もいるだろう。そう、2社などの複数の会社からお金を借りる方法だ。

 

これは可能です。年収の3分の1以内の金額であることが基本の条件になりますが、複数のカードローンで借り入れはできるんですね。年収の3分の1というのは年収450、万円であれば、150万円までの借り入れならできるということです。

 

これは、総量規制という貸金業法の法律で定められているのです。貸しすぎを防ぐためのルールと考えればいいでしょう。そのため年収450万円なので3分の1を超える200万円は借入ができないということになります。

 

2社でも3社でも、年収の3分の1までの金額であれば借り入れができると考えていいでしょう。もちろん審査がありますので審査を通過することが条件となるのでご注意ください。

当サイトのおすすめランキング

プロミス

プロミスの特徴

初めての申込なら30日間の無利息期間
※メールアドレスの登録とWeb明細利用登録をした人が対象
WEBで契約なら最短1時間で振込での融資が可能。
24時間いつでも申込めるweb申込みなら最短即日融資も可能
消費者金融の中でも1番低金利なのも魅力的

価格 4.5%〜17.8%円
評価 評価5
備考 プロミスは、金利が安くて、借りるまでが早い!

わかってるアイフル

アイフルの特徴

1000円から借り入れができる少額融資対応
初回の利用であれば、30日間の無利息サービスがある
ネットなら店舗に行かず、即日キャッシングが可能
おまとめローンを取り扱っている
女性専用ダイヤルが設けられている

価格 3.0%〜18.0%円
評価 評価5
備考 1万円からの少額の借入と女性やパート主婦におすすめ

SMBCモビット

SMBC モビットの特徴

10秒簡易審査結で即日融資できるかすぐにわかる。
web完結申込みなら電話連絡・郵送物なしで契約できる
自分の銀行口座に振込融資をしてもらえるからバレにくい
最短で即日融資もOKなので急な出費にも対応

価格 3.0%〜18.0%円
評価 評価5
備考 ばれずに即日キャッシングならモビット

はじめてのアコム

アコムの特徴

初めての申込は30日の無利息期間あり
審査スピードは最短で30分!即日キャッシングもOK
3秒診断で申込前にお金借りられるかを確認できる
自動契約機の『むじんくん』なら22時まで借入可能

価格 3.0%〜18.0%円
評価 評価4
備考 急にお金が必要になった人におすすめ